« BMW 420i M sports 購入 | トップページ | ラグビーワールドカップ »

420i(F32) レーダー&ドラレコ取り付け

納車日にポチっといたレーダーとドラレコの装着を実施。ともにCOMTECH製品でレーザーオービス対応のZERO 707LVとHDR103の組み合わせです。

Setup

外は暑いので部屋でセットアップ。輸入車用のOBDII接続ケーブルは生産中止で在庫も見当たらなかったので、とりあえずシガーソケットから電源を取る方針で。

相互通信ができるのでドラレコ側にはGPSがありませんがレーダーの情報で補完、といったことができます。手元のレーダーでドラレコの画面を見たり操作もできるのでなかなか。残念なのは相互通信で繋ぐとドラレコの画面には何も表示できないこと。何故そのような仕様なのか?

装着作業に関しては、今時、内装類の取り外しも情報をwebに上げてくださる方がいるので比較的不安なくAピラーやインパネをばらしすことができました。インパネより上はそれなりに配線完了。

Installed

インパネより下は暫定という感じで済ませました。シガーソケットから電源を取るとカバーが閉まらなくてかっこ悪い。また、シガーソケット系統はタイマーがあるようで停止後10分くらいは電力が供給されるようで、精神衛生上よくありません。

前のオーナーがレーダーをつけるのに停止時すぐに落ちる系統の電源を引っ張っていたようなので、そちらを検証して活用する計画。

で、レーダーに電圧を表示して走行していると、アイドルストップのたびにみるみる電圧低下。11.3Vとかになっちゃうのはこれまた精神衛生上よくないです。まぁ、設計段階で検証してるんだろうと理性では分かりつつ、常にアイドルストップはキャンセルしております。

 

|

« BMW 420i M sports 購入 | トップページ | ラグビーワールドカップ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BMW 420i M sports 購入 | トップページ | ラグビーワールドカップ »