« 猪木の偉大さを再認識 | トップページ

ドライブレコーダ装着

といってもワシの車ではなく親のヴィッツ(NSP-130)です。

半年ほど前から装着したいと言っていたので、「カー用品店に行って、2カメラ・3万円くらいのを見繕ってもらい、ついでに取り付けてもらえば?」と話していたのですが、在庫がなかったりすぐに取り付けができないということで延び延びに。

結局、この休みに在庫があったCOMTECのZDR-015を調達し、正月早々作業をするハメに。

内張りをはがす作業なんて久しくしてなかったもんで、プラスチックのヘラが脆化しておりバキバキ折れてしまいましたが何とか装着完了。

ホントはヒューズボックスから電源取りたかったのですが、鬼のように作業性の悪いレイアウトだったので、シガーソケットからで妥協。美しくない…。このレイアウトで設計時の作業性チェックって通るの?と素朴な疑問が生じました。今時、ヒューズなんてめったに切れない前提なんですかね…。

機能については説明するのも大変なので「何も触らないでOK」とだけ伝えて終了。まぁ万が一の状況保全ということで。

ワシ自身のモノだったら、一通りの設定をいじって遊ぶところですが。

|

« 猪木の偉大さを再認識 | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダ装着:

« 猪木の偉大さを再認識 | トップページ