« 8耐観戦体制見直し | トップページ | 40,000km / 7年 »

S2000 吸気ダクト(見た目)改良

「SPOON製FRPボンネット」を装着した際に発覚した「Backyard Special製導風板」との干渉対応、さすがに布ガムテからの暫定対応はしましたが、見た目向上にむけて部材を購入したまま4年が経過してしまいました。

今朝5時過ぎに目が覚めると、やる気の神が降りてきた(&涼しげだった)ので、ついに作業を実施しました。

もともとはアルミ製配管蛇腹ダクトを加工して装着していました(写真撮り忘れた…)が見栄えが悪いです。

また、ラジエータ前から吸気を意図して装着された導風板ですが、アルミダクトではエンジンルーム温度の影響を受けやすそうです(プラセボチューン)。

ということで、改良部材は、プラダン(空気層断面あり、Egルーム温度程度なら問題なさそう)、断熱シートです。

150810_duct_processやったことは、現合で紙ダンボール型紙を製作→プラダンを切り出して組み立て→耐熱シートを貼る→車両へ取り付け、てな感じで2時間くらいでした。

適当な固定部材がなかったので、アルミテープを使うことになってしまい見栄えがいまいち。耐熱両面テープ使うと外すの大変そうだしなぁ。

何かよい部材がないか、ホームセンターでもプラプラしようかしら。

|

« 8耐観戦体制見直し | トップページ | 40,000km / 7年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39442/62056435

この記事へのトラックバック一覧です: S2000 吸気ダクト(見た目)改良:

« 8耐観戦体制見直し | トップページ | 40,000km / 7年 »