« 久々にBDレーベル面を作成して疲労が… | トップページ | 公道でMIRAIに遭遇 »

S660 試乗してきました(辛辣?)

S660 CVTに試乗してきました。

結論:

エンジン・変速機で全て台無し


各種メディアの提灯記事に少なからず期待していたので、残念な感じでした。

運転していて全く楽しくないです。Sを名乗るな!


エンジン&変速機(パワーユニット):

踏み込んでもモサーとした吹け上がり。CVTとの組み合わせによるところもあるでしょうが…。

CVTセッティングでエンジン運転ポイントをトルク等高線の目玉(イマドキだから燃費等高線の目玉かも…)からなるべく外さないようにしているのかも。本当に不自然な感じ。

スポーツカーを謳って2ペダル採用なら、CVTレスのDCTにして欲しいものです。

M/Tは多少マシかも知れませんが、あのエンジンじゃダメでしょう。

パワーユニット系で唯一よかったのは、踏み込んでシフトアップした時のウェイストゲート作動音「プシュプシュー」ですかね。


ハンドリング等:

以下、パワーユニットがヘボいせいかも知れませんが。

一般道程度のデコボコであれば、硬めの脚の割りには追従感もあり、乗り心地は悪くないです。

街乗りレベルできつめの切り替えしでは、ロールが小さくしっかり接地感があります。

ステアリング操作に対する反応は、遅れが少なくオーバーシュートもなくていい感じです。これは、太めのNEOVA AD08Rなんていう完全にオーバースペックなタイヤのおかげかもしれません。

メーカー純正でハミタイ対策部品つけてまで実施した、まったく謎なタイヤ選定です。

ホントは、もっと面白いパワーユニット載せるつもりだったのかな?


重ね重ねパワーユニットのヘボさが残念。


総評

F1、WTCC、SF、S-GT等、明らかにパワーユニットで遅れをとっている昨今のホンダを象徴するクルマでした。ホンダ支持者のワシでも、これに200万は出しません。

買おうと思っている人には、

絶対に試乗してからにすること

をお勧めします。

以上、シロート試乗記でした。

|

« 久々にBDレーベル面を作成して疲労が… | トップページ | 公道でMIRAIに遭遇 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39442/61630062

この記事へのトラックバック一覧です: S660 試乗してきました(辛辣?):

« 久々にBDレーベル面を作成して疲労が… | トップページ | 公道でMIRAIに遭遇 »