« 2014年F1が始まりました | トップページ | ギネス認定 世界最速の芝刈機 »

S2000 オーディオユニット交換

思い立って、オーディオユニットを交換することにしました。

純正は、CD+MD+ラジオ(Opt: i-Podケーブル)の構成で古さは否めません。mp3等の音源は、デコーダ内蔵FMトランスミッタ(Logitec:LAT-FM311U)を介して聴いているのですが、そろそろ動作が怪しくなってきました。携帯端末の普及もあって、デコーダ内蔵のトランスミッタも消え去る運命かも。

新しいユニットに求める条件は、
0)USBメモリ、SDカードが使えること
1)曲名、歌手名など情報の日本語表示対応
2)メディアの抜き差しのしやすさ
3)S2000のオーディオリッドカバーと干渉しないこと
4)純正のリモコンパネルが使えること


1)については、ハイエースにI-K50(KENWOOD)つけた後で痛感したことです。邦楽再生時に意味不明な文字列がスクロールしていくのは萎え萎えです。

この時点で価格帯も踏まえて対象になるのが、
carrozzeria DEH-790
KENWOOD I-K700, U585SD
ALPINE CDE-145J
あたりです。


2)メディアの抜き差しのしやすさ
CDE-145Jは、背面USBしかポートが無いので除外としました。


3)はS2000オーナ特有(?)の問題です。開けっ放しはかっこ悪い(後にそうでもないことを知る)。
DEH-790は、画像で判断するにボタンの飛び出しが大きそう。ネットで検索してみると干渉している実例もあり除外しました。


以上の過程を経てKENWOOD製品が候補に残るわけですが、U585SDの方はあまり在庫がないようなので、I-K700に決定しました。


4)はガレイラのキットを使えば可能と思われますが、ただでさえ苦しいS2000の配線スペースに入る見込みがわかりません。というわけで、様子見。

検品・装着準備
Ar_01純正と奥行き寸法を比べてみると、手前・奥ともに純正より短い感じ。リッドカバー干渉も回避出来そうで、奥の配線取り回しも多少は楽そうです。

ちなみに純正はパナ(日本製)、新規品がKENWOOD(マレーシア製)です。品質管理がしっかりしていれば、どこ製でもかまわない(CK除く)のですが、全体的に雑な感じがします。多少高くても日本製がいいなぁ。




装着
手順は、google先生があるので省略。ディーラーでAP2の配線・コネクタ図をもらっておいたのは正解でした。AP2は、エーモンのオーディオハーネス適合表に載っていません。が、通常のホンダ20p(2207)で大丈夫であることを確認できました(←保障するものではありませんので実施の際はご自身でご確認を)

「純正の金属ブラケットは、凸部の加工が必要」という情報がありますが、I-K700に関しては不要でした。

Ar_02で、画像の通り、当初の目的を達成できました。イルミを色々弄れるので、リッドカバー閉めるのがもったいない感じ(暫く開けてる気がします)です。

曲目には突っ込まない方向でお願いしますcoldsweats01

USBケーブルは、助手席側ニーパッドを経由して小物入れの網に入れてあります。OBDコネクタ付近に色々密集…(^^;


※2014年4月17追記
結局、後日ステアリングリモコンキットを追加してしまいました。

|

« 2014年F1が始まりました | トップページ | ギネス認定 世界最速の芝刈機 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39442/59380860

この記事へのトラックバック一覧です: S2000 オーディオユニット交換:

« 2014年F1が始まりました | トップページ | ギネス認定 世界最速の芝刈機 »