« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012 SUPER-GT #7 AUTOPOLIS

いやぁ、見所満載の良いレースでした!

GT500
EPSONはイケると思ったんですが、惜しかった。あと3周タイヤが持てばなぁ…。
MOLAが勝てるとは、正直思ってませんでした。これで最終戦は、(一部を除き)ノーウェイトのガチになります。これも楽しみ。ここら辺でKEIHINに一発期待upです。

GT300
スターティンググリッドの上位はFIA-GT3ばっかしgawk
序盤のNoBvs影山のSide by Sideには痺れましたねぇ。
イケイケ関口はホントに残念でした。先日のFNインパルといい、タイヤ外れちゃダメだよなぁ。
ランボ勢は、殆ど映らないうちに沈んでしまいました。どうしたんでしょう?
今回は、JAF-GT勢で健闘したのは、BRZだけでした。FSWのHEV勢はなんだったんでしょう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 台風17号接近中

120930起床した時点でこんな感じで、台風の接近を感じません。が、予報によると、昼ごろから激しくなるとのコト。

SUPER-GTオートポリス戦の中継時に雲が厚くなって、スカパー受信不能にならないと良いのですが。
#つーか、そもそも色々な被害が出ないと良いのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年鈴鹿サンデーロードレース#5観戦

炎Rのイノウエ選手が全日本の練習を兼ねて遠征・参戦するということで、応援に行ってきました。

29_cbr1000rr相変わらずキレイ&銭かかってそうなマシンです。全日本での最高速が柳川選手に続き2番手になっただけのコトはあります…coldsweats02

レースの方は、INT6位で車両保管有りでしたが、タイム的には全く納得してなかったようです。

次回、全日本でどこまでいけるか、期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストカー誌【ワクドキドライビングレッスン‐トヨタ86で走ろう‐】&S-GT#6観戦

ベストカー誌の【ワクドキドライビングレッスン‐トヨタ86で走ろう‐】に約500人中48人という確率で当選したので、GT観戦のついでのつもりで参加してきました。

会場は、FSW内のモビリタという施設で、スキー場の駐車場の端っこにバンク路と低μ路が設定されているようなスペースです。ワシのグループの車両は86(AT)でした。試乗はMTしかしていないので、ちょうど良いといえばちょうど良かったです。

1)インストラクターによる高速スラロームコース走行への同乗
外周バンクを含む高速パイロンコースにて、イントラの助手席にて同乗試乗しました。さすがに正確・スムーズかつ結構なペースで走ってくれて、面白かったです。非力な86&エコタイヤでも旋回性能は高いことが良く分かりました。

2)低μ路走行体験
圧雪路相当μの周回コースをVSCオフで走行させてもらいました。ペースを上げるとドアンダーorイン巻きになってしまい、コース内にとどまるのも大変でした。ワシのステアリング・スロットル操作の反応が遅れていて正確さにも欠けていることが良く分かりました。自分のクルマで練習したいところです。

3)フリータイム

2000gtyota8いろいろありましたが、2000GTとヨタ8の同乗試乗は貴重な体験でした。

特に2000GTの方は古さをまったく感じないほどコンディションがよく、キシミ音とか一切なくて驚きました。絶対的な力では今時のエンジンとは比べ物になりませんが、音・滑らかさが素晴らしかったです。この固体は、左ハンドルのプロトタイプだそうで、北米向けの大排気量バージョンでした。普段は、MEGA-Webに置いてあります。

4)パイロンコース走行
簡単なパイロンコースを好きに走ってよい(イントラは助手席にいますが)という素晴らしい時間coldsweats01でした。非力なエンジン&エコタイヤ&出来の良いAT&安心のVSCオンでホントに好きに走ることが出来ました。S2Kのような官能的な快感はないですが、運転する楽しさは十分に堪能できました。ディーラーでの試乗では、絶対ありえない走らせ方ができました(^o^)

そんな中、操作系で気になったのは、パドルがステアリングと一緒に回ってしまうことです。少舵角のときは問題ないのですが、細かいターンではパドルがどこにあるか分からなくなってしまう&中谷式ステアリング操作だと基本9:15付近に手が置いてあるので、パドル位置は固定のほうがスポーツ走行には向いている気がします。

5)LF-A ニュル24時間仕様同乗走行!!!
イベントに当選しただけでもラッキーなのに、Gazoo-RacingのLF-A ニュル24時間仕様車への同乗走行まで当選してしまいましたsign02。コレですよ、コレ↓

つーことで、木下隆之選手の助手席で異次元の体験でした。ワシの文章力では表現できません。お台場より遥かに広い会場でしたので、かなりの加減速・コーナリングが体験できてしまったわけです。

箱車でこれ以上の体験は、一生ないだろうなぁと思います。運を使い果たしてしまったかも知れませんhappy02

動画を撮影してくれる気の効いた同行者はいませんでしたが、結構本格的な機材で撮影していたので、いずれどこかのメディアで公開されると思います。

以上のように、振り返れば濃い午前半日でしたので、メインのつもりだったFSWでのGT初観戦が霞んでしまいました。

2012gt6GT500の方はインパルの独走優勝でした。Fポンも含めて、今季はツキのなかった次生選手もようやく勝つことが出来ました。

GT300の方は、PRIUSが最初の1コーナーでコースアウトしてしまったものの終盤追い上げ、かなり盛り上がました。ヘアピンでハンコックポルシェを抜きにかかったときにスピンアウトして勝負あり。スタンドからは大きなため息が…。それでも、表彰台の両脇をPRIUS、CR-Zが占めてしまいました。秋の珍事?

しかし、ポルシェ直線速すぎです。GT500のスリップに入っていれば、そのままついて行ってしまってました…。

今回の午前中のようなイベントは、自動車メーカーさんもどんどん開催してほしいものです。特にトヨタさんは、いろんな意味で煽ってしまったわけですから、責任をとってもらわなければならないと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »