« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日_スパ西浦占有(笑)テスト

急遽半ドンであがれることになったので、15:00枠を狙って駄目元でスパ西浦に行ってきました。結果、占有走行できました。ラッキーhappy02

終始、完全に自分のペースで走ることができ、いつも悩まされるアンダーも、何故か今日は全く発生せず。温間空気圧もいつも通りだし、路温・気温が低いほうが良いのかしらん?

走行後にロガーを確認すると、コンスタントに3秒前半が出てるし…eye ちょっと驚きです。年明けから色々な車載映像で妄想^H^Hイメージトレーニングした成果かな。

LAP+web(仮)によると、ベストは1.03.090で1秒近くベストを更新できました。車載映像で確認するとまだまだ詰められそうなので、2秒台も見えてきた感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AP2フィラーキャップのワイヤリング

Fillercapいままで散々サーキット走ってるんですが、ワイヤリングとか推奨だけど必須ではない装備は手を抜いてきました。

が、本日フラッと寄ったSAB名古屋ベイで、J's Racingのフィラーキャップを衝動買いしたので、ついでにワイヤリングしてみました。オイル交換の度にツイストするのも面倒なので、タイラップ連結仕様ですcoldsweats01

レースレギュだとNGでしょうが、これでも役目は果たすでしょうし、お店の人も、タイラップ切るだけなら躊躇なくできるでしょう。

オイルフィルタとかもやらなきゃですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerCommander3 on Windows7 x64

Pcchk先日買い足したPC、今のところ快調で、使えなくなって困っているソフトもないのですが、不安だったのがCBR954RR用パワコマ3の動作です。なにせ10年前の製品で、当然サポートもしてないっぽいので、試してみるしかないです。

まずは、今まで使ってたUSB<->RS232CケーブルであるUSB-RSAQ2の対応状況を確認すると公式にはWin7未対応(*1)です。ということで、USB-RSAQ5を購入という追加投資が発生しましたが、ドライバをインストールして接続ケーブルの準備はOKです。

(*1)部品を改造して、違う製品のドライバを使えば動くらしいのですが、電気系の工作は苦手なので無難に対応しました

ソフトのインストールも出来て、マップの編集なんかも普通に出来ます。後は、ちゃんと繋がって読み書きできるかなんですが…。

拍子抜けするくらいあっさりうまくいきましたgood めでたしめでたし。旧ノートの処遇をどうしようか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国土交通省の中の人へ

Log勤務時間中に業務と関係なさそうな検索して、こんなゴミブログ見てないで仕事してくださいgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛藤

コレ落として、オーバーホールしたとしても、だいぶ安く済みそうだなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最初の衝動買い

20120118_db我が家の現有PCは、PenⅣのデスクトップ、PenⅢのノート、OSは共にXPという体制で、さすがに昨今は力不足を感じておりました。

で、おととい月曜日にイラッとした勢いでポチっとして、本日水曜日に到着です。便利な世の中ですねcoldsweats01

ちなみに、すでに1990年代初頭のPC98全盛期に何故か「ノートパソコンはダイナブック」と刷り込まれているので、今回も東芝Directで購入です。これで4台目のダイナブックかな。

まだ開梱もしてないので、イライラ軽減効果は不明ですが、半年前に実家に導入した日本HPの格安マシンよりは遥かにハイスペックなので、十分快適になるはずです。環境設定は天気が悪そうな週末かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車載動画とロガーの同期をしてみました

VSD for GPSというツールを提供してくださっているところを見つけたので、試してみました。

走り自体は駄目駄目ですが、ぱっと見、なんかカッコいいんですけどhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初売り

120105休み前に作成したTo Do List の達成率が20%くらいでした orz

というわけで、無料配布の福袋目当てで、各担当のディーラーに行ってきました。決して何かを企んでいる訳ではありませんcoldsweats01

中身の充実度は、トヨペット店の圧勝でした。まぁ、販売会社の資金力の違いからいって、仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »