« エキサイティンングカー・ショーダウン画像速報 | トップページ | 国道302号名古屋南-平針開通記念実走行インプレ »

2011エキサイティングカー・ショーダウン

【きちんと走行可能なクルマの展示・キャンギャル禁止】をモットーとする、掲題のチューニングカー展示会に行ってきました。

往路は、着工より36年を経て最近開通した国道366号バイパスのJR東海道線-国道155号区間の確認を兼ねたルート設定しました。この開通で、通勤時間帯のイオン東浦・平成大橋周辺の渋滞は、かなり改善される気がします。が、366号が155号につきあたった所周辺の渋滞が酷くなりそうです。

その後、R366→有松ICからR23→名古屋南ICから湾岸→名港中央ICで降りてポートメッセ着です。

110403_ecsd開場30分前に到着した時は、まだ駐車場には余裕がありました。が、券売所は行列gawkです。仕方なく並んで、備えに持参したAutoSports誌を読んでおりました。

購入後、今度は入場の行列に並びましたが、これは流れていてサクッと入れました。マスク装備で貧乏学生みたいな格好していたからか、NATSとかいう自動車整備学校のパンフレットを頂きました。パンフ見る限り楽しそうな学校ですが、実態は当然知りませんcoldsweats01

入場すると土屋圭一氏・鈴木学氏が並んでお出迎えです。土屋氏・稲田氏のD1離脱の件があり、どうかと思っていたのですが、シコリがあるような感じではなさそうです。後のトークで土屋氏が「ドリフト・マッスル」なるシリーズを立ち上げることを表明してみえました。低コスト・低パワー車両での運転技術勝負というコンセプトになるとのことです。ジムカーナみたいに地味にやるのかな?

最近ドコでもやってる東北義捐金をこちらでもやっており、2000円寄付してマグネットステッカーをもらいました。クルマに貼っておくと失いそうなクオリティの磁石でしたので、現在は冷蔵庫に貼ってあります。

そして、展示車両の見学。ベース車は、圧倒的にS14・S15系が多いですね。タマもあって値段もこなれてきているのでしょうか。S2000は、助手席試乗したことがあるASMTopFuelのみで残念でした。ベースになる現行車って、RX-8、Z、CR-Zくらいしかないんですよね。この状況もどうかと思いますが、FT86も当初の志とは違う方向に行ってるという話も漏れ聞こえてきますし、しばらく冬の時代が続きそうです。

その他、目についた車両の写真をこちらに置いてありますので、ワシの嗜好に興味がある方goodはご覧下さい。

個人的によいなと思ったのは、このNSXです。なんとオーナー女性みたいです。

もっとも原型が分からなかったのがコレ、ベース車なんだか分かります?(まぁファイル名で分かると思いますが。)

Visitor_s2k帰る頃には、駐車場に怪しい絶版車改が多数止まっており、こんなS2000もありました。

ステージトークでは、福井のフェニックスパワーの方のコンピュータチューンの話が興味深く面白かったです。T車は内製マイコンなので解析がやりにくいとか…。

キャンギャル禁止のせいか、バズーカ砲のようなカメラを持った人たちがほとんどいませんでした。クルマを落ち着いて見るのにはよいですが、オートサロンとかでは、いろんな意味で踏み切れないだろうなぁ…。

帰路は、下道でR23号を東進し、最近開通した名二環と併走するR302の名古屋南~平針をトライしました。自宅とは方向が違いますが、この件はまた別のエントリで書きます。

ポチッとよろしく!

|

« エキサイティンングカー・ショーダウン画像速報 | トップページ | 国道302号名古屋南-平針開通記念実走行インプレ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39442/51297707

この記事へのトラックバック一覧です: 2011エキサイティングカー・ショーダウン:

« エキサイティンングカー・ショーダウン画像速報 | トップページ | 国道302号名古屋南-平針開通記念実走行インプレ »