« 代替機でツーリング | トップページ | カーオーディオ用USBメモリ購入 »

ハイエース・レシーバユニット交換

先のエントリで少し触れましたが、ハイエースのオーディオの調子が悪く、動作はしているけど音が出ない状態です。色々とチェックするも原因は良くわからず、ただしスピーカーは死んでなさそうでした。そんなに音楽とかにこだわりがあるわけではないのですが、無音状態での運転には違和感を感じます。

Ik50ハイエース衝動買い替えの引き金にもなりかねない事態でしたので、抑止策としてレシーバユニットを購入しました。こだわりとかあるわけではないですが現有チェンジャーが動けばラッキーということで、今までと同じKENWOOD製でUSBオーディオ対応で安い奴を探して、I-K50という旧型モデルにしました。

Replace_audioオーディオ類を自分で装着するのは生まれて初めてですが、動作不良チェックのために何度かインパネを外しているうちに、自分で簡単にできる気がしてきたので、挑戦してみました。

インパネ周りを外すのに10分ほど、ハーネスを接続して、仮組み、動作確認して、本組みを実施しました。大体1時間くらいかかりましたかねぇ。店に頼むと工賃いくらくらいなんだろうとか考えてしまいます。

説明書を見ながら色々いじって見ますが、機能がたくさんあって大変です。しかも、同じボタンを押し方によって色々な機能に割り付けたりしてるので、なかなか覚えられそうにありません。

期待していたチェンジャーは、作動音はするものの認識してくれませんでした。取り説では98年以降のKENWOOD製なら動作すると書いてあるんですが、残念でした。まぁ、USBオーディオがあるので、チェンジャーは機能しなくても良しとします。

Rx350退役する旧レシーバユニット、RX-350です。前のハイエースから12年ほど使ってたので、まぁ寿命ですかね。お疲れ様でした。

|

« 代替機でツーリング | トップページ | カーオーディオ用USBメモリ購入 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39442/49059517

この記事へのトラックバック一覧です: ハイエース・レシーバユニット交換:

« 代替機でツーリング | トップページ | カーオーディオ用USBメモリ購入 »