« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

200系ハイエース(2KD)試乗

前回のエントリで顛末は別途と書いてた200系試乗記。

用意されたのは、S-GL 4WD 2KDディーゼル車。タダでさえ燃費が悪いのに4WDになどするつもりはサラサラないが、2KD車に乗ったことがなかったので試しに乗ることに。エンジン始動してアイドリングは意外と静か。あれっと思いながらアクセルを踏み込むとカラカラカラッ。やっぱりうるさい(笑)。さすがにディーゼルだけあって低速の出だしはかなり力強く感じる。でもうるさい(笑)。昔は3Lのうるさいのに乗ってたんだが、いったんガソリン車の静かさを知ってしまうと高速100km/h巡航なんて考えられないレベル。平成15年規制しかクリアしてないエンジンだし、やっぱり2KD車はありえない。

あとは、ドアミラーはやっぱり見にくいし、センターコンソールも100系の方が使いやすそう。パーキングブレーキの位置も気に入らない。ホント今時前側インパネ下のT字レバーなんてありえない。この辺は、200系発売当初に抱いたのと同じ感想。やっぱり、高い金払って乗り換えるだけの価値が見出せない。

トヨタの方針として、日本市場でのエコカーはハイブリッドってコトなんだろうけど、苦手の欧州市場に切り込むにはディーゼル必須で、実際欧州にはいいディーゼル投入してるんだから、日本市場にも投入したらいいのに。まぁ、どっかの知事みたいに一律に「ディーゼル=悪」という偏見が蔓延ってるところに、それを覆すだけの洗脳広告をうつのも大変だろうけど。と言いつつ、荷室容積をを犠牲にせずにハイエースハイブリッド(もちろんストロングハイブリッドね)なんて出たら、100万高くらいなら考えるけどね。

つーことで、1TRに試乗してよっぽど走りが良くなければ買い替えはないかな。営業担当さんは9月中になんとか1TRの試乗車を探し出すと言ってたけど、どうなることやら。

200系ハイエース(1TR)試乗記
200系ハイエース(1KD)試乗記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿ツインサーキット初走行

5:00AM起床。最近、この時間だとまだ真っ暗。軽く朝食&支度して、5:30AM出発。湾岸~東名阪亀山経由で6:40AM到着。時間だけで見たらALTよりも短時間で到着できるなぁ。

受付に行くと参加者が多いためか走行枠が増えていた。なるほどキャンセル待ちでも走れるわけだ。初心者とそれ以外のコースのどちらかを選んでくださいとのこと。初走行なので躊躇したが、それ以外コースを選択。

走行前にイシカワさんに少し話を伺う。路面がフラットで鈴鹿に比べてグリップがなく感じること、結構砂が浮いてること、1コーナーは鈴鹿の1コーナーより怖く感じるらしいなどなど。走行枠の振り分けは初心者17vsそれ以外30と偏った人数とのこと。初心者枠に変えてもらおうかと思ったが、まだ着替えてもないのに走行5分前のアナウンスが。

慌てて支度して、なんとかコースイン。タイヤがほぼ新品なので最初はかなりゆっくり目に走行。最近仕様変更があったスーパーコルサ、見た目にもフロントのプロファイルがかなり尖ったように見えたので感触の違いを危惧していたが、やっぱりなんか違う。低速でフラフラ切れ込み・倒れこみするのとFブレーキを残しながらコーナーに入っていくと全然向きが変わらない。低速コーナー主体のコースということで、鈴鹿東とはサスセッティングを変えないといけないんだろうなぁ。ファイナルも合ってないし…。しばらくピレリを履き続けているが、ここまで感触が違うと感じたのは初めてだなぁ。最近、やや太ったせいでツナギがキツイのか下半身も動かしにくい。その影響も大きいのかもしれないが(T_T) あとライン取りもダメダメ。インにつくのが早すぎるのは分かってるんだけど、走行中に修正が出来ない。1年のブランクはでかいらしい。

コースの印象。1コーナーは確かに鈴鹿1コーナーより怖い(笑)。結構なスピードがでるけどランオフエリアは殆どなく、2コーナーもブラインドになってて、150m看板より先まで突っ込めず。もう少し大丈夫だと思うんだけど、右手が拒否 :-)。コース全体がフラットな感じは、もてぎの1~5コーナーあたりと雰囲気は似てるかな。

そんなこんなで、1本目は12秒台付近での走行。遅い…orz

2本目に備えて、少しサス設定を変えてみる。で、2本目コースイン。ちょっといい感触。遅い車両をパスするのにスパスパラインを変えられるし、低速コーナーも1本目より安定。結構ひっかかっても10秒台が出だす。が、クリアになるとリズムがつかめず、ペースアップできない。D→Gコースに入った直後のクランクで何度かオーバーラン。各コーナーではハラミまくりでクリップにもつけず、ピットに入ってはサス設定を少し変えてみるが、いい方向には変化せず。結局、引っかかりながら出した1.10.529が本日のベスト。ちょっとフラストレーションがたまる初走行でした。意外と面白いコースなので、また来よう。

走行後の手入れをしたい所だが、MotoGP中継に間に合うように、さっさと撤収。何とか125ccのオープニングラップ途中から見ることが出来た。本日のその後のイベントであるGP中継、200系ハイエース試乗の顛末などは別途。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車買っちゃおうか症候群の兆候

今朝は5:00起きで、急遽決まった朝走りに前半のみ同行。ど新品タイヤなので勿体無いなぁと思いつつ、まぁ皮剥きでいいかということで、慎重に走行。R301で下山あたりまで行ってUターン。帰途は松平から東海環状→湾岸で憂さ晴らし:-p

ウチのLPガス設備の法定点検とやらに立ち会った後、先週末に電話のあった営業担当がいる某トヨペット店へ。200系の外見はイマイチ好みに合わないので迷う所だが、今の100系ももうすぐ5年で、ある程度の下取り価格が見込める最後の機会かと思ってとりあえず顔を出すことにした。

選択肢としては、エアロツアラーSUPER-GL+モデリスタエアロだ。ワシにとっては、モデリスタエアロつけてやっと外観的には許容限界に到達する200系のデザイン。何とかならんかなぁ…。

たまたま担当者が1ナンバー登録したエアロツアラーのオーナーということで、その車に試乗させてもらうことに。ワイドボデー&ミドルルーフでデカさは十分。2.7Lの2TRも1RZに比べたら走る走る。デカさと走行性能では申し分ないんだが、ベースがワゴンDXなので内装がショボ過ぎる。内装に手を出すとキリがなさそうだし…。あと、気になったのが電格ドアミラーで100系のカリフォルニアミラーに比べると見える範囲が狭いし、歪がひどい。ミラーについてはSUPER-GLにしても同じなので、ネック項目追加。

とか言いつつ、SUPER-GLで下取り査定と見積もりをしてもらう。担当者も再確認したほどに下取り価格が低く、2年前の200系発売のときの査定の半分ほどになってた(泣)。値引きを含めた支払い価格自体は今の車を買ったときと同じようなモンでまぁまぁかな。

そうなってくると1TRの走りがどの程度か確認したいトコロ。系列の店舗の試乗車は2KDばかりで駄目。個人的なツテを当たってくれるが、残念ながら1TRの二駆は見当たらず。ということで、だいぶ購入意欲が減退。3時間近くつき合わせた挙句「まぁ、考えときます」でお店から撤収。

一旦帰宅して、MotoGP予選中継を観戦し、やや興奮。秋吉選手がちょっとしか映らなかったが、派手な走り:-) ポールシッターの走り&タイムもスゲー。800ccに移行したら、直ぐには同じタイムは出ないだろうなぁ。

その後、2KDの試乗車を用意してくれたという連絡が入るも、今日は予定があって顔を出せそうにない。まぁ、2KDがどのくらいうるさいのか確認するために明日試乗に行くことに。

今の200系の外見・装備では、乗り換えるほどの要素もないかなというのが正直な所だが、明日の試乗でどうなることやら。

明日は、鈴鹿ツイン朝練で走れることになったので、早く寝なくては。ほぼ1年ぶりのクローズドなので楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿ツインサーキット下見

昨日(9/16)は、タイヤ交換に鈴鹿まで行ったついでに、来週走る(かもしれない)鈴鹿ツインサーキットを下見。

思っていたより長いコース、エスケープゾーンが少ないなぁという印象。フルコースなら結構ストレートが長いので、かなり速度が出そう。ちょうど貸し切り走行会か何かで、Dコースでドリフトやってたんですが、砂がかなり浮いてますね。二輪の走行の前に掃除とかあるんだろうか…。

今日(9/17)の午前中にホイールの組み換えは完了。あとはキャンセル発生&好天を願うのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年ホントに始動?

いろんな意味で目処がついたので、サーキット走行を解禁しようかと…。といっても、しばらくライドオンの土日開催はなさそうだし、鈴鹿南も30日まで開催はない。ALTの土日は都合がつかないし、スパ西浦モーターパークの話は今の所進展なさそうだし、LIDO美浜は二輪ではちょっと怖そうだし。

そういえば鈴鹿に何か出来たとか言う話があったなぁ、と思ってググってみる。で、24日の鈴鹿ツインサーキットの朝練とやらを予約してみました。といっても、キャンセル待ちなんですがね…。

そうなってくると、熟成されたタイヤも換えなきゃ。ということで、久々にD.Projectに電話して取り寄せを依頼。改めて二輪のタイヤって高いなぁと思いながらも嬉しい出費かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も街乗り

昨晩、録画しておいた全日本RRのSUGOラウンドを観戦。ウズウズしてきたのと、 D1@鈴鹿の当日観戦券がないという情報により、走りに行くことに決定。久々にALTにでもと思ったけど、14:00枠しかないようなので、いつものコースを流すことに。

先日のエントリとほぼ同じコースを予定するが、今日は殆どドライ路面。5:40に出発して6:30に作手の道の駅に到着とまずまずのペースで流す。

060910_tsukude先日のエントリと同じような写真だが、今日はドライ路面。ここで一服して本宮山方面をみると、ガスっていそうな感じ。今日は、西側からスカイラインに入る。ガスは前回ほどではないが、路面は濡れている状態。本宮は朝練には向かないのかなぁ…。

スカイラインを一往復して、闇苅渓谷方面へ。通るたびに「凄いブラックマークあるなぁ」と思っていたエリアを通り過ぎると、いかにもって感じの四輪が数台。今日は時間が早かったので引き上げる前だったのかな。案の上、Dスポットだったんだなっと。

で、おなじみのルートで湾スカへ。西から入って、小僧区間に差しかかると、結構な台数が走ってる感じ。おっかないので、そのまま東側へ抜け、一往復したところで小僧区間を数往復。久しくサーキットにも行ってないので、直線で全開にしてみると、目と体がついていかない。スローインスローアウト(^^;を心がけて、マージンをもって走行。待避所でちょっと休憩して、再びフルコースを往復。無料化に伴い自転車の人もチラホラいて、とあるブラインドの左コーナのクリップに差し掛かる所でチャリダー発見。ラインを膨らませて回避。こういうこともあるので、今後は一層注意せねば。その後、小僧区間を数往復して再び待避所へ。台数は多いけど、見知った顔がないなぁと思ってると、以前にお会いしたことがある元954乗りの方が声をかけてくれた。最近、事故がちょくちょくあるらしく、K察が出現したり、取締りがあったりするらしい。お世話にはなりたくないモンである。

9:00くらいで撤収。帰途、R23のこの辺でK察が高架を封鎖して側道・旧道に誘導していて大渋滞。検問でもやってるのかと思ったけど、何もなし。大きな事故でもあったのかなぁ。

その渋滞を抜けたあたりでマシンに異変発生。極微開度の2000rpmあたりで巡航していると、ものすごくギクシャクしだしてウォンウォンうなりだす。症状がどんどん酷くなってきて、だましだまし乗りながらなんとか帰宅。パワコマがおかしいのかと思いPCを接続してマップを確認。以前にいれたマップのままだったが、念のために上書きして試乗。症状再現せず。別のマップにしてみるが、やっぱり問題なく走る。何だったのか分からずじまい。酷い渋滞にはまったので水温は辛かったけども、インジェクション車でパーコレーションってないはずだよなぁ?ああ気持ち悪い。11:00過ぎには片付け終了。

午後のMotoGP予選中継に備えて万全の体制を整えたが、なんと予選キャンセル!フリー走行のタイムでグリッドが決まったんだと。にしても、G+の中継、予選中止なら中止で、フリー走行の様子でも放送すればよいのに、延々とパドックを放送してるんだもんなぁ。生放送じゃないんだからさぁ(←皮肉)、何とかしろよなぁ。まぁ、国際映像がないのかもしれんが…。

ついでだから書いとくけど、マレーシア、オーストラリア、日本と時差が少なくて絶好の生中継の機会なのに日本GPの125・250以外は全部録画中継。消化試合の巨人戦、日本GPのMotoGPに至っては巨人の試合前練習の方がプライオリティーが高いらしい。G+のモタスポ掲示板に再考を求める旨カキコしたけど、検閲スルーかもね。日本GPのMotoGPクラスは、日テレ系列地上波で生中継らしいが、中京テレビはちゃんとオンエアするんだろうなぁ。くだらんローカル番組なんか流しやがったら凸(-_-# だべ。「そこまで言って委員会」をローカル番組で飛ばした前科があるからなぁ>中京テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »