« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

RIDE ON CLUB 入会など

先週のFUN&RUNで鈴鹿東を初めて走って、意外に楽しいことが分かりました。今まで、東コースだしなー、と思っていたんですが、入ってもいいかなと。そんな人間がいることをサーキット側も見越しているのか、今週、珍しく週末にライドオンの走行枠設定がありました。

天気がイマイチだったんで、ギリギリまで迷ったんですが、朝イチで通院を済ませた後、10:00過ぎに鈴鹿に電話。空きが合ったら申し込むつもりだったのですが、あと1枠だけ空いてるとの事だったので申し込んじゃいました。

支度をしていると、突然土砂降りの雨。まぁ、三重方面は降ってないようだったので、気にせず湾岸を走ります。

到着して、ちゃっちゃっと申し込みをして、入会の講習を受けます。1時間くらいの講習が済んだ頃にポツポツと来ました…。Yahoo!のピンポイント天気だと降水量0mmだったじゃないかぁ!!!

で、走る頃には↓の通り…。
pics/040917_ROC_RAIN

走行前ならキャンセルして他の日に振り返ることが出来たんですが、次回以降、土日に開催される予定がなさそうだったので、そのまま出走しちゃいました。みんなキャンセルしたらしく4台しか走ってませんでした。いやー、空いてて良かったですよ(泣)

今日は雨の日用のメット(大治郎レプリカ)を被ってみたんですが、X-Elevenに比べてX-8SPだとストレートで頭に揚力をたくさん受けるみたいです。頭を持っていかれそうになりびっくりしました。以前は気にならなかったのですが、進化した物を経験した後だと良く分かりますね。リアのスポイラー形状が効いてるのかな?
pics/mets

で、ウェットは怖いんで10分くらいで走行終了。ひたすらマシンの掃除をします。チェーンの掃除・給油も終えて、先日入手したマフラーステーを交換。こんな感じになりました。見た目スッキリ!ピットがあると、雨の日にも整備が出来ていいですな。

で、帰り道に行きつけのバイク屋に寄って、ニューパーツの相談。ハイスロ化にあたって、スイッチBOXの品定めです。FIREBLADEだと1型と7型がホルダ別体なんですが、1型の車両側のコネクタは954と同じ2個、7型は1個だったので、1型の部品を発注。カプラーオンだったらラッキーです(ていうか、こういう性能とは関係ない旧型と同じ機能の部品だったら、自分なら間違いなく回路流用して図面書くと思うので、ホンダの人もそうだと思う)。そして、お店に転がってたNSR用のスロットルホルダもとりあえず借りました。部品代はうまくいったらでいいよとの事。

うーん、振り返ると、今日は勢いでサーキットライセンスとってしまいました。来年、MFJエンジョイライセンス切れたら、国内とか申請しちゃおうかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUN&RUN 2日目

2日目、本日は、フリー走行とタイムアタックが行われます。

昨日手伝ってくれた後輩は、かなり疲れていた様子だったので、今日は1人で鈴鹿入りです。まぁ、車検や受付、整備は昨日のウチに済ませているので、自分さえ無事なら問題なしってことで。

ののさん@R1、しんさん@R1000、ぴさん@1000RR、庄司さん@ZX-6Rのピットに居候させていただくことになり、初参加の私としては心強いです。

ののさん、しんさん、ぴさんはエキスパート、庄司さんはRS-IのCグループなので、私だけ進行が早いです。ブリーフィング中にかなりの雨が降り、路面はウエットに。この時点では出走やめようかと思いましたが、フリー走行までにはほぼ乾いて助かりました。

で、フリー走行開始。この走行では、インフィールドでビミョーに遅い車両に引っかかった場合の対処の練習と1コーナーで150mより奥まで我慢することを心がけて走ります。タイムこそ計測しませんでしたが、1コーナーは前日より奥まで我慢できていい感じです。しかーし、遅い車両のパスは難しいっす。インフィールドでラインを変えるとスピード落ちるし、最終でピッタリついても、ストレートでは離されるし…。握り替えないと全開に出来ないのも一因かなぁ?ハイスロ再検討しようかなぁ。

フリー走行後は、本番まで時間があるので、普段は入れない2コーナー内側に行ってRSE-Iの走りを見学したり、パドックをウロウロしていろんな人とお話をして本番に向けての情報収集をしたり、チケットセンターまで散歩して、再来週のスーパーバイクレースのチケットを買ったりして過ごします。

途中、CBRサーキットチャレンジで見慣れたツナギを発見。でも、1000RR買ったなんて聞いてないよなぁ、と思いながら近づいてみると、やっぱり会社の後輩でした。とりあえず、走行前に胸グラをつかんで(笑)、緊張をほぐしてあげました。奥様からのプレゼント(しかも内緒で買っといてくれたらしい)だそうな…。うらやましい。そんな嫁さんなら何人でも欲しいなぁ(^^)

で、いよいよ本番です。情報収集の結果、前のほうに並んで序盤にタイムを出す作戦がよさそうだったので、早めにコースインゲートに向かいます。それでも3列目くらい(←撮影・H.Mさん)だったかな。

ちなみに、この写真の手前に写ってる赤黒RRの方は、オークションでFフェンダーを落札してくださった方で、期間中にお話させていただいたり、翌日お電話いただいたりしました。サイレンサーが異様な形状なのは見なかったことに…。1分フラット前後のタイムで走る方なんで、実は前に出てもらって引っ張ってもらうつもりだったんですが、マシン&精神的ダメージが大きかったようです。

で、いよいよタイムアタック。

↓撮影・えんさん(実はフリー走行の走りなんですが…)
pics/040912_FR

とりあえず、計測開始までは軽く流してタイヤを暖めつつ前との距離をはかり、ストレートで計測開始を確認した次の最終からアタックモードに。しばらくはクリアが確保でき、それなりにいい感じで走ることが出来、作戦は一応成功。中盤からは、ずーと同じバイクに引っかかっちゃって、インフィールドで横に並んでみたりするんだけど全然引いてくれない。仕方ないので、ペースを落として前をあけようと後方確認すると、KAZUさん@黄954RR(持ちタイム0秒くらい、前回のCBRサーキットチャレンジ優勝)が見えたので、前に出して引っ張ってもらう作戦にします。が、KAZUさんも一緒に引っかかっちゃって、タイム上がらず。そーこーするうちにチェッカーになってしまいました。

ピットに戻るとみなさんから「おめでとう」「いらっしゃい」の声が。1秒台が出てたそうで…。このタイムじゃ、賞典無しでエキスパート入りで美味しくないなぁというのと、初参加で1秒まで持ってこれた嬉しさが入り混じったびみょーな気分でした。

結果は、4周目に1'01"733が出ておりました。ほんとにギリギリですねー。

その後は、リラックスして他のクラスを観戦してましたが、RSE-Iを見てる時には、ホントに次からあの中で走るのかぁと思うと、ちょっと怖いなと思いましたね。まぁ、あの中だと自分は抜かれるのみ&基本的に自分よりうまい人ばかりなはずなんで、「妙な動き」をしなければ安全かもね。

つーわけで、初参加のFUN&RUNでしたが、ひじょーに楽しめました。東コースも初めてでしたが、面白いし練習になりそう。ライドオンにも入会して、練習しようかなぁと思う今日この頃です。今週末かぁ(ぼそっ)。

たまたま同じようなタイトルのblogを発見したのでトラックバック入れてみました。あのCB軍団にはハッキリ言って閉口…。いい年こいて半ヘルに鬼ハンで意味のない空ぶかしとか。傍から見たら珍走と変わらんよ、まったく…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

FUN&RUN 1日目

鈴鹿サーキットで行われているFUN&RUNに参加してみました。初参加だったんで、経験者に色々聞いたり、走ったことのない東コースの脳内シミュレーションを炎のRR会西支部の攻略や動画を見て、密かに備えてました。

まずは1日目。会社の後輩に(無理やり?)手伝いに来てもらうことになっていたので、5:30AM過ぎに家を出て6:00に後輩をピックアップして鈴鹿へ。運よくAパドに空きスペースがあったので車を止めることが出来ました。場所取り禁止って送られてきた書類には書いてあったけれども、場所取りだらけジャン…。

とりあえず、7:30からのブリーフィングを受講して、2回分の特スポ走行券を購入して、マシンや道具をピットに下ろします。

pics/geneo-b

ストレスの元になる(?)見慣れないステッカーが貼ってあるのは気にしない方向で…。一通り、走行会仕様にして特スポ1本目。先月の茂木以来のサーキットなので、東コースのショートカット付近の確認、そして目を非日常速度に慣らすのが主目的です。というわけで、使い古したタイヤで走行。鈴鹿はフルコースの先導付体験走行では何度も走ってますが、フリー走行は実は初めてだったりします。

(無理やり?)後輩にラップタイムを計測してもらい、自分がどんなもんか把握するのも目的のひとつ。この走行枠では、1'03"63がベストでした。ライドオンならエキスパート枠で走れるタイムなのでまずまずといったところ。

この走行後に、用意してあったスペアホイールwithNEWタイヤに交換します。1000RR用のホイールなんですが、フロントローターさえφ330にしておけばボルトオンです。気づく人は気づくモンで、何人かに1000RR用のホイールですよね?って聞かれました。

で、慣れない車検。音量測定がありましたが95dBと極めてリーガル仕様。車両以外に装具も持っていかねばならないので、後輩に手伝いに来てもらって正解でした。台車があると便利そうですねぇ。

さぁ、2本目は神風仕様で一気に1分を切るか1コーナーに散るか(笑)。

多少コースに慣れたのと台数が少なめだったので、2本目で1'02"60まで持っていくことができました。1コーナーも150mくらいまでは我慢できるようになって来ましたが、まだまだスピードが落ちすぎて2コーナーまでに再加速してます。でも、怖いよなぁ、やっぱり…。

それから、インフィールドでR1000や10R、'04R1あたりに引っかかると最終までぴったりつけていても1コーナーまでに離されてしまい、タイムが上げられません。自分よりビミョーに遅い車両をどうやってパスするかが課題になりそうな予感。つーことで、2本目の後半は、先月の茂木での丸山選手の話「いかに混雑した予選でタイムを出すか」を思い出し、自分の目標になりそうなマシンを探してました。が、見つからず…。

エキスパート昇格タイムも現実味を帯びてきたので、密かにいろいろ頭をめぐらしながら1日目は終了したのでした。

先日オークションでカウルを落としてくださった方や西支部の掲示板に書き込みのあった方とも顔合わせを出来たし、2日目は少し顔見知りが増えてリラックスできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »